乳児股関節検診

乳児股関節の検査の重要性

昔は赤ちゃんの病気として非常に多かった先天性股関節脱臼(先股脱=せんこだつ)。
正しく広められた、コアラ抱っこなどの育児法や、市販されている紙おむつやおむつカバーの改良によって、発生頻度は減少傾向にあります。しかし、現在も無くなったわけではありません。
当院では体に無害なエコー検査で軟部組織の異常を見極める検査を行っております。
エコー検査を対象とするのは乳児股関節脱臼・単純性股関節炎・肩腱板損傷・軟部腫瘍・ガングリオンなど嚢胞性疾患です。

特に乳児股関節エコーについては近隣にあった県立のじぎく病院廃止の影響もあり、4ヶ月検診などで異常を指摘された乳児が三木市全域から紹介され、来院されてます。

<右写真説明>

レントゲン検査では生後3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんの股関節の一部はレントゲンに写らない軟骨なので脱臼などの診断が困難です。これに対してエコー検査では乳児股関節の状態が下記の如く放射線を被爆させずに診断できます。

以下、少し医学的で難しいですが、乳児股関節エコー結果による当院での治療方針の概略を述べたいと思います。

type α角 β角 治療


Ⅰa:正常股関節 α≧60 β≦55 不要
Ⅰb:正常股関節 (移行型) β>55
Ⅱa:骨性臼蓋の骨化の遅延(生後3ヶ月未満) Ⅱa+:骨性臼蓋の 骨化の遅延は生理的範囲内 50≦α≦59 改善傾向→経過観察悪化傾向 →リーメンビューゲル装具治療
Ⅱa-:骨性臼蓋の骨化の遅延は生理的範囲を超える
Ⅱb:骨性臼蓋の骨化の遅延(生後3ヶ月以降) リーメンビューゲル装具治療
Ⅱc:脱臼危険状態 43≦α≦49
D 骨頭が求心性を失った状態(臼蓋の形成不全は比較的軽度) 70≦β≦77


Ⅲa:臼蓋軟骨に組織変化を生じていない(臼蓋軟骨部にエコーが出現しない) α<43(Ⅲ脱臼) β>77(Ⅲ脱臼)
Ⅲb:臼蓋軟骨に組織変化を生じている(臼蓋軟骨部にエコーが出現する)
高位脱臼 入院のうえ牽引治療
Ⅰ正常 Ⅰa:正常股関節(type) α≧60(α角) β≦55(β角) 不要(治療)
Ⅰ正常 Ⅰb:正常股関節 (移行型)(type) α≧60(α角) β>55(β角) 不要(治療)
Ⅱa:骨性臼蓋の骨化の遅延(生後3ヶ月未満)(type) Ⅱa+:骨性臼蓋の 骨化の遅延は生理的範囲内(type) 50≦α≦59(α角) β>55(β角) 改善傾向→経過観察悪化傾向 →リーメンビューゲル装具治療(治療)
Ⅱa:骨性臼蓋の骨化の遅延(生後3ヶ月未満)(type) Ⅱa-:骨性臼蓋の骨化の遅延は生理的範囲を超える(type) 50≦α≦59(α角) β>55(β角) 改善傾向→経過観察悪化傾向 →リーメンビューゲル装具治療(治療)
Ⅱb:骨性臼蓋の骨化の遅延(生後3ヶ月以降)(type) 50≦α≦59(α角) β>55(β角) リーメンビューゲル装具治療(治療)
Ⅱc:脱臼危険状態(type) 43≦α≦49(α角) β>55(β角) リーメンビューゲル装具治療(治療)
D 骨頭が求心性を失った状態(臼蓋の形成不全は比較的軽度)(type) 43≦α≦49(α角) 70≦β≦77(β角) リーメンビューゲル装具治療(治療)
Ⅲ脱臼 Ⅲa:臼蓋軟骨に組織変化を生じていない(臼蓋軟骨部にエコーが出現しない)(type) α<43(α角) β>77(β角) リーメンビューゲル装具治療(治療)
Ⅲb:臼蓋軟骨に組織変化を生じている(臼蓋軟骨部にエコーが出現する)(type) α<43(α角) β>77(β角 リーメンビューゲル装具治療(治療)
高位脱臼(type) α<43(α角) β>77(β角) 入院のうえ牽引治療(治療)

1) 生下時にtypeⅠは、以後正常関節となるので治療の対象にならない。

2) 生下時にα角60°未満のtypeⅡ~Ⅳは、生下時の段階ではその発達方向がわからないので、生後一ヶ月は一般的な指導のみとする。生後一ヶ月でtypeⅠかα角56°以上のtypeⅡa+は、正常股となるので治療対象とならない。

3) 生後一ヶ月でα角50°~55°までのtypeⅡa-は、自然経過でも正常となるものと異常となるものが混在している。生下時と比べ、改善傾向は経過観察とするが、悪化傾向にあるものはリーメンビューゲル装具を装着する。リーメンビューゲル装具装着期間は、定期的な超音波検査でα角60°以上の正常発達になる時期までとした。リーメンビューゲル装具を一ヶ月間装着し、改善しないものや悪化傾向にあるものは、リーメンビューゲル装具装着状態をチェックし、又は中止し、ほかの治療などを考慮する必要がある。

4) 生後一ヶ月でtypeⅡc、Dはリーメンビューゲル装具治療を行う。装着期間、装着上の注意などは前述と同様。

5) 生後一ヶ月でtypeⅢは、リーメンビューゲル装具を装着する。

6) 生後一ヶ月でtypeⅣは高位脱臼で、整復されても骨頭壊死になる可能性が大きく、入院のうえ牽引治療を行う。

診療案内

top02
top02
top02
top02
top02
top02
topunder07

医療法人社団
整形外科・リウマチ科夢愛クリニック

〒673-0551
兵庫県三木市志染町西自由が丘1-840

夢愛クリニック

医院名 医療法人社団 整形外科・リウマチ科 夢愛クリニック (ゆめあいクリニック)
診療科目 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
理事長 織戸 弘行
所在地 〒673-0551 兵庫県三木市志染町西自由が丘1-840 サンテラス志染1F
TEL 0794-84-3739
最寄り駅 神戸電鉄志染駅徒歩0分
スケジュール
△はリハビリ・予約検査のみ
PAGETOP
Copyright © 整形外科・リウマチ科夢愛クリニック All Rights Reserved.