リウマチ科

  • HOME »
  • リウマチ科

リウマチ科

症状

最初は両方の手足の指の関節が対称的に腫れて、特に朝、こわばるようになります。
また人によっては膝や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まり動きにくくなり、痛みのために日常生活に困難をおぼえるようになります。
どの年代でもおこりますが30歳~40歳台の女性に多く発症します。
軽症の人もいれば重症の人もいて症状も多彩です。早めの診断・治療が必要です。
関節リウマチは関節だけの病気ではなく全身病ですので、貧血症状がでたり、体がだるくなったり、微熱が出ることもあり症状が悪化し腎不全・間質性肺炎を合併することもまれではありません。
全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、指や手首の関節が破壊され、指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足の指にも変形がおこります。最も注意を要するのは、首の一番上の部分で背骨が前にずれてしまい、脊髄が圧迫され、手足が麻痺したり呼吸がしにくくなる場合があることです。

原因と病態

遺伝的要因や感染などが考えられますが、原因はまだよく分かりません。
関節リウマチの病態は、自己免疫疾患と考えられています。
自分の身体の一部を自分のものではないとして、これに対する抗体を作って反応を起こしてしまい、このために関節液をつくる滑膜組織にリンパ系細胞が集まって反応がおこります。
次第に自分の軟骨や骨を破壊し、重症化すると関節が固まったり、逆に緩んで大きく変形したりします。

リウマチの治療

関節リウマチは早期治療が大切です。治療は、状況や症状等に応じて、3つの療法に分けられます。

投薬

炎症を抑える必要最小限のステロイドや非ステロイド性消炎剤や抗リウマチ剤や免疫抑制剤、最近では生物学的製剤も使われつつあります。当院ではこの治療効果の大きい生物製剤も導入しており、多くの方が治療されています。

リハビリ

炎症のある関節を一時固定し、装具などで支えます。
温めたり圧迫して痛みや腫れを減らします。運動療法で筋肉をつけ、こわばった関節を柔らかくします。

手術

関節の痛みやはれをやわらげる治療として行われる手術と、破壊された関節の機能を回復させる、機能再建のための手術の2つに大きく分けられます。滑膜切除術や人工関節置換術、固定術など症状によって違います。

診療案内

top02
top02
top02
top02
top02
top02
topunder07

医療法人社団
整形外科・リウマチ科夢愛クリニック

〒673-0551
兵庫県三木市志染町西自由が丘1-840

PAGETOP
Copyright © 整形外科・リウマチ科夢愛クリニック All Rights Reserved.